企業所属の公認会計士

企業所属の公認会計士

公認会計士というと、一昔前までは独立開業のイメージが強かったですが、最近は公認会計士という資格を活かしつつ企業内で働く人も増えているようです。

 

 

 

とくに内部監査の必要性、透明度の高い財務諸表などの作成のプロフェッショナルである公認会計士は、監査業務や企業コンサルタントとして外部から働きかけるだけではなく、内部から財務戦略を打ち出してくれる、しっかりして会計制度を確立してくれるなどメリットも多く、国際会計基準、IFRSの導入で揺れる一般企業にとっては是非欲しい人材ではないでしょうか。

 

前からいってみたかった介護の独立開業についにいってきました。

 

公認会計士として監査法人などで多少の経験を積んでから独立するというコースもありますが、一般企業で経営の意思決定をサポートする重要な役割を任せられることがあります。また独立するよりはむしろ安定した大企業に勤めつづけるほうを選ぶ人もいます。

 

 

 

先行き不安定ななか、如何に難易度の高い公認会計士の資格を持っているとしてもある程度のコネクションなどがないと個人で独立開業というのも厳しい御時世になっていることがあります。しかしこうした会計のプロが社内にいるということは企業にとっても有益なことは間違いないので、両者の需要と供給がマッチしているのでしょう。

 

 

 

また公認会計士は、税理士業務も同時にすることができるので、その点でも様々なフィールドで活躍できるマルチプレーヤーなのです。

 

 

 

また一般企業でもある程度の規模のある会社ではCFO、最高財務責任者としての立場を得られる場合もあります。