受験予備校を利用

受験予備校を利用

税理士や公認会計士、またそれにまつわる資格を取得するのであれば、受験予備校に通うのが一番ふさわしいでしょう。

 

 

 

中にはテキストや問題集などで自力でパスしようと考える人もいるでしょうが、これらの資格も出題範囲が広く、ある程度対策ができている受験予備校などの指導に沿って勉強しておいたほうが、結局のところ早道になるのはいうまでもありません。

 

 

 

とくに難易度の高い公認会計士であれば、独学合格はかなり難しく、平均して受かるまでに2年から4年くらいかかるのが普通だそうです。それでも受からなくて諦めてしまう人が多いのが公認会計士ですから、よほど本気になって受験しないとクリアするのは極めて難しいことでしょう。

 

 

 

そして受験予備校ではその試験毎の対策をしっかりしてそのとき出題されそうなヤマをあてることにも長けていますので、すべてを任せきりでも受かることができます。税理士、公認会計士はやはりどうしても何年間が気合いをいれて勉強することが必要になりますが、もし簿記資格程度のものであれば、もちろんその人の勉強量、適性も影響を及ぼすでしょうが、数ヶ月で合格できる場合もあって、やはり受験予備校の凄さがわかります。

 

 

 

もちろんそうした人は独学でテキストをみてもできる場合があるのですが、やはり分からないときは質問できる学校型式で通った方がより理解が深まるのは間違いなさそうです。

 

 

 

大学入学とはまた別の形で、資格専門予備校を利用することも考えてみて下さい。