公認会計士と税理士

どこが違うの?

公認会計士と税理士はどこが違うのでしょう。どちらも税務に関する業務を行ないますが、税理士の資格だけでは公認会計士の業務は行なえません。

 

 

 

しかし、公認会計士の資格があれば税理士として登録して業務を行なうことができます。公認会計士は大規模法人の会計監査を主な業務としており、法的にも認められています。

 

 

 

税理士が行なう監査は法的に強制されていません。税理士は公認会計士試験に合格しないと公認会計士業務は行なえないのです。

 

 

 

公認会計士業務とは、企業における財務諸表に関する適正性を証明する監査業務が代表的です。企業における会計業務の全てを行ないます。税理士は税務に関する業務ですが、公認会計士の業務は多伎にわたると言えます。

 

 

 

公認会計士と税理士はよく混同されがちですが、業務の範囲が全く違います。公認会計士の資格に税理士資格は含まれますが、税理士資格に公認会計士の資格は含むことが出来ないのです。