公認会計士と税理士

独占業務以外の仕事

税理士が行なう独占業務の他に、会計業務やコンサルティング業務があります。独占業務に付随した形で行なわれる事が多いようです。

 

 

 

会計業務は、企業の会計帳簿や財務諸表の作成などの事です。税金の申告の際に財務諸表が必要だからです。

 

 

 

また、帳簿の記帳代行などの会計業務も含まれます。中小事業主などは、この様な会計に関する業務を税理士に依頼することが多いようです。税務に付随する業務なのが大きな理由のひとつでしょう。

 

 

 

また、経営や税務に関するアドバイスを行なうコンサルティング業務も行ないます。税務に関しての専門家なので、税金の活用方法や節税などをアドバイスすることが出来るのです。

 

 

 

税理士は行政書士となる資格もあるので、税務に関する業務に付随する社会保険労務士業務を行なうことも出来ます。

 

 

 

企業の経営は税務と密接な結びつきがあります。その為、税理士の業務は多伎にわたるのです。