公認会計士と税理士

資格を生かす

税理士として仕事をするには、会計事務所や税理士事務所に籍を置いたり、企業の専属として仕事をする方法があります。

 

 

 

会計事務所や税理士事務所は複数の企業からの依頼を受けたり、個人からの税務に関する仕事を行なったりします。税務に関する書類の作成や会計業務など、国家資格をもった会計士や税理士が専門に行なっています。

 

 

 

会計事務所という名称は法律上は認められていません。税理士法人や監査法人、公認会計士事務所が会計事務所であるとされています。また、税務会計事務所と呼ばれることもあります。これらの会計事務所の経営は、国家資格を有する公認会計士や税理士などによって行なわれています。

 

 

 

企業の専属として仕事をすることを企業内税理士と言います。一般企業の税務部門や、保険や証券会社、銀行などに雇用されて税理士の仕事を行ないます。会計事務所での業務と違って、仕事の範囲は多伎に渡ります。

 

 

 

雇用されているので収入は安定しますが、仕事を自分で選ぶことが出来ないという不利な点もあります。