公認会計士と税理士

税理士とは

税理士とは、税理士の資格をもって各種税金の申告・申請、税務書類の作成や相談、税に関する手続き等を行なう専門家の事です。税理士の資格は、税理士法に定める国家資格です。その税理士としての資格を取得した人のうち、日本税理士会連合会の税理士名簿に登録を受けた人が税理士としての業務を行ないます。

 

 

 

税理士としての資格を有する者には、税理士試験に合格し2年以上の実務経験を持つ者、23年以上税務署に勤務し指定研修を受けた国税従事者、公認会計士、弁護士などがあります。

 

 

 

日本税理士会連合会に、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地などの登録をすると税理士として税務を行なうことが出来ます。

 

 

 

税理士の使命として税理士法に定められているのは、「税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ること」とされています。