公認会計士と税理士

税理士試験は難しい?

税理士試験の受験資格は年齢や国籍に関して制限はありません。他の要件に関しては、10通りあるどれか一つを満たせば良いとされています。要件の詳細については国税庁のホームページに記載されています。

 

 

 

受験資格の要件は4種類に大きく分かれています。その中の学歴では、大学の卒業で経済学もしくは法律学に属する科目を1科目以上修学していることが要件とされています。

 

 

 

職歴に関しても、税理士や公認会計士を3年以上補助する仕事に就いていることなどがあります。

 

 

 

税理士試験は、数多くある国家試験の中で比較的難しい試験になります。税理士の資格を得るためには、税理士試験の必須科目2教科と選択必須科目1教科、選択科目2教科の合計5科目に合格しなければなりません。合格点は、どの科目も満点の6割を取ることが基準とされています。

 

法人設立や運営に困ったら

 

ただし税理士試験は科目合格制なので、一度合格した科目については次の試験においても有効な権利とされます。一度に全てに合格しなくても数年に分けることも出来るのです。

 

 

 

税理士試験に合格し資格を取得した後、税理士名簿に登録すれば税理士として法的に認められます。