公認会計士と税理士

税理士報酬っていくらが妥当?

個人で税理士を頼む場合に悩むのが、税理士に対する報酬ではないでしょうか。相続税や贈与税などの手続きをしなければならなくなった時、専門家である税理士に依頼すれば申告や納付の際に悩まなくてすみます。でも、どれくらいの費用が必要なのかを知っておく必要があります。

 

 

 

税理士の報酬については、平成14年3月までは税理士法によって最高限度額が定められていました。

 

 

 

税理士の提示する報酬が高いのか安いのかを判断するには有効となる法律でした。所得税などの申告の場合、所得税の額によって上限が定められていたのです。

 

 

 

しかし、平成14年3月に税理士法の改正によりその規定は廃止されました。「自由で公正な競争を」という政府規制委員会の強い意向があったからです。つまり、税理士報酬は自由に決めることができるようになったのです。税理士にとってはとえもありがたい法律改定ですが、利用者にとっては報酬の値段の判断材料に不安を残す結果となりました。

 

 

 

解決策としては、顧問料金が明記されている事務所を選ぶと良いでしょう。さらに、過去の報酬事例を比較してみてから税理士に依頼することをお勧めします。