公認会計士と税理士

独占業務

税理士が独占業務として行なう仕事には、税務代理や税務書類の作成、税務相談などがあります。これらは税理士にしか出来ない業務です。

 

 

 

税務代理とは、納税者の代理として税務署に各種税金の申告や申請を行なうことです。税金の申告は複雑な内容のものが多く、専門的な知識が必要となります。そこで、税金の専門家である税理士が代わって行なうのです。また、税務調査に立ち会って、納税者の代わりに説明をすることもあります。

 

 

 

税務書類の作成とは、税務署に提出する税務書類を納税者に代わって作成することです。納税者は税理士に報酬を支払って手続きを代行してもらうのです。そうする事で、確実で正確な申告が出来るからです。

 

 

 

税務相談は、税金に関するあらゆることについて納税者の相談にのってくれる事です。納税者は適切なアドバイスを受けることが出来ます。
これらの業務は税理士法により明確に定められている税理士の主たる業務です。