公認会計士試験の変化

公認会計士試験の変化

公認会計士になるためには、国家試験を受験し、合格をしないといけません。ところで、この公認会計士試験ですが、平成18年度より、それまでの試験システムと大きく変更になりました。現在行われている新公認会計士試験の特徴には、どういったことがあげられるでしょうか?

 

 

 

まずは、受験資格について、原則制限をなくしたということが大きいです。

 

 

 

また、試験システムを簡略化したということも大きな特徴といえるでしょう。それまでは、3段階にわたって試験が実施され、いずれも合格をして初めて、公認会計士の資格を取得することができるようになっていました。しかし新しいシステムでは、段階は一つにして、2回の試験システムにし、よりシンプルな試験体系になっています。

 

 

 

公認会計士の試験が変化をしたのは、少しでも多くの人材に公認会計士の資格を取得してもらいたいという目的があるようです。多種多様な人材を確保するためには、試験を受けるためのハードルを低くという意味合いがあります。