受験資格とは

受験資格とは

受験資格は、もちろん公認会計士と税理士では異なります。でもどちらに挑戦するのでも、まずは自分が受験資格があるのかどうかの確認は、勉強を始める前にしておいてもいいでしょう。

 

 

 

もし公認会計士であれば受験資格は特にさだめられてはいませんが、毎年実施され、短答式と記述式の試験をうけてその後、2年以上業務補助等をおこなうことで公認会計士になれます。プロセス自体は簡単なのですが、三大難関資格と呼ばれていることを忘れてはいけません。

 

 

 

もし税理士を受ける場合は、より条件があって、4年生大学卒業、または在学中の3年生、短大卒業、そして専修学校卒業などで、法学か経済学を一科目履修したことがある人、日商簿記検定1級や全経簿記検定上級などの合格者、または経理課などに勤務して3年以上経過している人などです。資格や実務経験による受験資格は、その証明を提出することが義務付けられています。

 

 

 

また大学院に通って、専門課程、会計や税に関する論文で会計科目のうち1科目、また税法2科目が免除されるようになっています。

 

 

 

資格の勉強などが苦手でより学術的な研究のほうが得意という場合は、このような方法で税理士の受験資格をとってもいいでしょう。

 

 

 

と大学院によるものは、かなり免除される科目があるので非常に楽ですし、大学、もしくは大学院在学中に資格を取りたい人には向いている方法であるといえます。それぞれ必要要項を満たして、早めに試験に備えて勉強を始めましょう。

 

米国CPAについては、州毎に受験資格が異なるので、最初にまずは受験資格のある州を探すことがポイントになります。