学校の勉強で試験をパスする

学校の勉強で試験をパスする

学校の勉強でもし難関資格を得られるのならかなり嬉しいというか、卒業の喜びも2倍になりそうです。いまの現行のやり方で一番資格に近づく方法は、会計や税務関係先行の大学院にいって卒業することです。それだけで会計1科目、そして税法2科目が免除になります。

 

 

 

かなりの勉強範囲、時間を費やすことを考えたら、実際に大学院の2年間の履修で明確なアドバンテージを得られることは魅力です。これも法の改正前は、会計単位2科目、そして税法3科目のどちらかを免除されるような形だったために、大学院のダブルマスターでまったく税理士の資格試験を受けなくても合格ということがあったのです。

 

 

 

それもすこし羨ましい話ですね。但し実務においてもすぐに必要になってくる実用性の高い知識ですので、就職後かなり苦労することが予想されるので、やはりそれなりに知識としての勉強、最低限知っておかないといけないことは勉強しておいたほうが良さそうです。

 

 

 

実際すでに税理士の資格を持っていても知識が足らず、自分が選択しなかった難関科目を受験予備校などで勉強しているケースも多いといわれているのです。

 

 

 

ペーパー免許にならないようにするには、実務経験で学んでいくか、もしくは毎年アップデートされる税制の細かい相違などをこまめにチェックしていくような常に勉強しつづける姿勢が必要になります。

 

 

 

学校勉強だけで資格をとっても、それからがなかなか難しいのが実社会、実務なのでしょう。