公認会計士の独占業務

公認会計士の独占業務

公認会計士は、国家資格になっていて、だれもが自由に公認会計士を名乗ることができないようになっています。しかしもし公認会計士の国家試験に合格して、国家資格を取得することができると、独占業務を請け負うことができるというメリットがあります。公認会計士の独占業務とは、何でしょうか?

 

 

 

独占業務は別名、「監査証明業務」といわれる業務です。監査証明業務とは、会社が財務に関する書類を公表するときに、適正であることを証明する仕事を指します。監査証明業務は、担当をする公認会計士が、第三者で、独立した立場から証明をしないといけません。

 

 

 

監査証明業務は、公認会計士の国家資格を取得していないものが行ってはいけないことになっています。このことは、公認会計士法という法律の中でも、明確に記述されていることです。

 

 

 

逆にいえば、非常に重要な業務でもあり、また、高度の専門性がないといけません。このため、一定の資格を有している公認会計士でないと、行うことができないということで定義をしないといけないのです。