公認会計士になるまで

公認会計士になるまで

公認会計士になるためには、公認会計士の国家試験をクリアする必要があります。では、実際に資格を取得するためには、どれくらいの期間がかかると思ったほうがいいでしょうか?

 

 

 

公認会計士の国家試験は、短文式と論文式の2種類の試験があり、当然のことながら両方の試験を合格しないといけません。両方とも合格するためには、一般的に1年半程度の試験勉強がどうしても必要になると考えられています。

 

 

 

試験をパスできると、実務経験を積みながら、補修所に通わないといけません。ちなみに多少しんどいかもしれませんが、実務と補修所通いは並行して行うこともできます。実務経験は、監査法人に入って経験を積むことになります。少なくても2年の実務経験がないと、資格を取得することはできません。

 

 

 

ちなみに補修所は1年程度で卒業することができますので、同時並行なら2年が最短ということになります。

 

 

 

ということは、公認会計士になるためには、少なくても3年半の期間が必要ということになります。