高齢になっても働ける税理士。

高齢になっても働ける税理士。

サラリーマンでしたら、ある程度の年齢になったら定年退職をしなければなりませんよね。
実際問題として、60歳でもまだまだ十分に働けるという人は多いと思います。
そんな時に、今まで培ってきたキャリアを捨てるように退職を余儀なくされるのは本人としても本意ではないでしょう。

 

ツテでもあればまだいいのですが、家に閉じこもるのはまだ早いということで新たに就職先を探すといっても年齢的にほとんどチャンスはないでしょう。
少なくとも、今までのキャリアを活かす形での再就職は困難と考えて間違いありません。
税理士は個人事業主です。

 

そもそも、定年退職というものがありませんので、自分の能力に自信があれば退職の時期を自分自信で決定することが出来ます。
じじつ、60歳以上のベテラン税理士が珍しくないのが税理士業界の特徴です。
ノウハウや知識の積み重ねがそのまま業務に生かせる資格は素晴らしいですね。

 

加齢によって体力的に衰えることがあったとしても、税務申告などの業務には直接影響はないでしょう。
顧問先を一日に何件も周ることが体力的に厳しくなってくるぐらいのものですし、そのあたりはインターネットを利用したりいくらでも工夫でカバーできることですね。

 

高齢になってからでも、仕事ができるというのは素晴らしいと思いますし、社会的意義の高い仕事をずっと続けられるというのは、社会の一員としてまだ欠かすことができない存在であると認識することにもつながります。

 

経験がモノをいう世界なので、高齢になるほど仕事の質はあがるのかもしれません。