CPAライセンスについて

CPAライセンスについて

国際会計基準、または外資系企業や監査法人などの注目が高まるにしたがって、アメリカの公認会計士試験、いわゆるCPAライセンスが注目を浴びるようになりましたね。

 

 

 

最近はこうした受験予備校などでアメリカの大学の単位履修ができたり、日本語で解説されたテキストで勉強をすすめられたり、また一番大きなメリットは日本でも受験可能になっていることです。最近ではこのCPAライセンスのほうが日本固有の資格である税理士や公認会計士よりもつかえる、または難易度の点で、英語さえある程度理解できれば、そう難解な問題はないということで任意をあつめています。

 

 

 

日本でも外資系企業の進出が著しく、また経済の問題から日本以外に活路を見出す人も増えてはいます。そうした未来への投資、より転職を有利にするものとしてアメリカの公認会計士試験は考えられています。

 

 

 

日本と大きく異なるところはアメリカは州毎に法律が違うので、受験資格や、合格通知であるサーティフィケート、そして私は公認会計士ですと名乗ることができるライセンスの取得に州毎に違った取り決めがあることです。それぞれの人のバックグラウンド、また資格合格証明だけでいいのか、現地でCPAとして働くのかで大分受験州の選択も違ってくるのではないでしょうか。

 

 

 

日本で活躍するには、合格通知だけで十分ですが、もし国際的に活躍したいのであれば、ライセンスまでとっておいたほうが良いでしょう。州によって条件が違い、実務経験を求められることもあります。