企業で働く税理士

企業で働く税理士

税理士の資格はもちろん難関資格であるのは確かですが、最近の資格ブームなどで公認会計士などよりは現実可能、取得可能な資格としてより注目を浴びるようになってきています。

 

 

 

税理士も基本的には資格取得から税理士事務所などを経て独立というコースが以前は一般的でしたが、最近では企業のなかでその税務知識を活かしたり、そのまま税理士事務所に勤め続けて、独立をしないケースもあるようです。

 

 

 

税理士というと、大企業よりは中小企業の経営コンサルタントや税務申告、会計のアシスタントをするようなイメージがありますが、もちろん大手企業や一般会計や税務対策スタッフとして重用される場合もあります。税理士でも受験科目で何を選ぶか、そしてその後社会で活躍するのに、どの部分での専門家を目指すかというのが進路を選ぶ上で一番大切です。

 

 

 

税理士試験に受かったからと言って、全ての税の知識があるという訳でもなく、選択科目やそれから専門にしたい分野によってかなり進路の違いがでることは当然です。試験科目、選択科目として簡単と言われるものを選んだ場合、実務的にはあまり活かすことができない勉強をすることになります。

 

 

 

もちろん資格が大事なら難易度のやさしいものから受けるのは対策としては正しいです。しかしながら、先行きを考えたら、やはり所得、法人、相続のいわゆる国税三法などの難しい科目を選択して、経験を積むことによってしっかりとその分野で独立できる、就職、転職の際に評価の高いものを選んでおくといいでしょう。