公認会計士試験の概要

公認会計士試験の概要

平成18年度から、新しい体制のもとで、公認会計士試験が実施されています。新公認会計士試験は、以下のような流れをクリアすることで、資格を取得することができます。

 

 

 

新公認会計士試験は、2段階の試験システムになっています。まずは短答式試験というテストが実施されます。こちらをクリアしないといけません。
短答式試験をクリアすることができれば、論文式試験が待っています。論文式試験に合格することができれば、晴れて試験をクリアしたことになります。しかし、これで公認会計士の資格を取得することができるかというと、そうではありません。

 

 

 

試験をクリアしても、実務経験がないと、資格を得ることはできません。2年間の実務経験を積む必要があります。もしすでに条件をクリアしていれば、この部分はスルーできます。

 

 

 

最後の補修所というところに通います。通常は1年間のカリキュラムになっています。最後の修了試験があり、これをクリアすることができて初めて、公認会計士の資格を取得することができます。