短答式試験の概要

短答式試験の概要

公認会計士試験は、はじめに短答式試験を受験することになります。短答式試験は例年、5月末と6月の第一日曜日の2日間にわたって実施されます。
短答式試験は、3つのジャンルより出題されることになります。

 

 

 

財務会計論と管理会計論、監査論および企業法から構成されています。財務会計論は180分の試験時間、そのほかの2科目についてはそれぞれ90分の試験内容になっています。

 

 

 

すべてマークシート方式の出題になっていて、財務会計論は40問、そのほかの科目はそれぞれ20問が出題されることになります。

 

 

 

短答式試験の対策は、とにかくてきぱきと問題を解答することです。ボリュームが非常にありますので、どんどん問題を解いていかないと、時間切れになってしまうかもしれません。平均して1問あたり4分30秒程度でこなしていかないと、間に合わないと思ってください。

 

 

 

ですから、問題集を解く習慣をつけて、解答のスピードを上げていく練習をしておくべきです。