受験資格について

受験資格について

平成18年度から、新しい公認会計士試験のシステムに変更になりました。公認会計士試験の目玉として、受験資格があげられます。原則受験資格の制限がなくなったという点に、注目が集まっています。

 

池袋 歯医者

 

公認会計士試験はそれまで、3次試験まで実施されていました。この中でも、2次試験が本試験とされていました。この2次試験を受験するためには、受験資格があります。4年制大学の教養課程を修了していないと、受験することができませんでした。

 

 

 

現在の試験では、1次試験がなくなり、2次試験についても、受験資格の制限はありません。ですから、より広い人材が、受験をすることができるようになります。
それまでは、大学を卒業しないと、公認会計士の試験を受験することができませんでした。

 

 

 

しかし、やる気と実力があれば、大学在学中、極端な話、高校生でも、公認会計士を受験することもできるわけです。ですから、今よりも若い公認会計士が今後登場する可能性もあります。

 

 

 

名古屋 英会話教室