簿記の資格

簿記の資格

簿記の資格としてかなり有名なのが、日商簿記でしょうか。簿記の資格といったらこの名前がでてくる位スタンダードです。

 

 

 

日商簿記1級はかなりの実力者と見なされ、会計のプロとして就職も有利になるでしょう。また日商簿記2級があると、会計スタッフとして問題ないレベル、そして日商簿記3級なら、業務上の簡単な仕分けや会計システムへの入力、会計書類の作成などにかかわることができます。また商業高校などでよく受験されている全商の簿記検定は、日商のものよりもランクとしては知名度があります。

 

 

 

もう一つ全経簿記という資格があって、こちらも日商簿記と同じくらいのレベルを持っています。それぞれ主催団体が違うものなのですが、試験内容としては共通のところがあるので、本命試験があるとしても、腕ならしとして他の団体が主催するものを受けてみるのも良い勉強になります。

 

 

 

簿記の資格とはいっても大学や短大、そして専門学校卒業や就業経験が無い人にとっては税理士試験を受けるための大切なパスポートとなるので、かなり真剣に取り組んでいる人もいますが、実際のところ日商簿記1級と全経簿記上級などよりも受験要項がもっとやさしいものを選ぶのが普通です。

 

 

 

実際税理士資格を持っている人でもこの2つの資格をあわせてもっていると感心されるほどです。また税理士までもっていなくても会計スタッフとして働くだけであれば、これらの簿記資格をもっているだけでも十分用を足すことがあるのです。