税理士の就職について

税理士の就職について

税理士は一般的に独立をする人が多いですが、最近は税理士事務所の数が多くなり過ぎているので、独立をしない税理士も増えています。その際には、会計事務所か一般の企業に就職することができます。

 

 

 

会計事務所の場合は、税理士試験に合格していないが試験の一部科目に合格している人が働いているケースが多く、すでに試験に合格している人なら問題なく採用されるでしょう。しかし、試験に合格していて経験もあるのに会計事務所で働く人は多くなく、給与等の待遇面も大して期待できないことから、通常は会計事務所での勤務を続けない人が多いです。

 

 

 

会計事務所で働くメリットは経験を積むことと勉強時間の確保できることであり、すでに税理士であり経験もあり、試験にも合格した人にはあまりメリットがないのです。

 

 

 

一般企業に就職すれば、税務及び会計のスペシャリストとして高い評価を得られることが多く、普通の一般事務に比べればかなり恵まれた待遇を期待できます。出世もし易く、将来は経理部長になることを期待されることも多くなります。

 

 

 

一般の企業では簿記の資格を持っている人は多くなっていますが、税務のスペシャリストはまだまだ少ないのが現状です。税務は改正が多く科目数も多いので、大抵の場合は会計事務所などを顧問に持っていて、税務に関しては外部委託している企業も多いです。よって、社内で税務に詳しい人が育ち難いのが現状です。税務に詳しい人が社内にいれば、内部監査もできるようになり、本当の意味で親身な節税対策などもたてられることが期待されるので、とてもニーズは高く、高待遇も夢ではありません。