税理士という資格の魅力とメリット

税理士という資格の魅力とメリット

税理士の仕事というのは税務申告ですが、税務申告は会社が存在する限りなくならない業務なので、常にニーズがあるというのが最大の魅力です。既に税務申告を行なえる人材や代行業者がいる場合はありますが、どの会社でも常に必要な業務なので、より安くて高品質なサービスを提供すれば、どの会社でも顧客になりうる可能性があります。最近は競争も激しくなり、顧客獲得はそれなりに難しくなっていますが、潜在的な顧客の多さを考えればいくらでも参入するチャンスはあります。

 

 

 

また、専門的な知識を持つ税理士は、安定したニーズがあり、会計事務所勤務はもちろん、普通の企業への就職も有利にすすめることができます。とても難しい資格なので税理士資格を持っていれば、中小企業であれば経理部長になれることは間違いないと言っても過言ではありません。

 

 

 

大企業においても、税務申告に関してのエキスパートとして重宝されることでしょう。より良い会社への転職やキャリアアップにも大いに役立つ資格です。

 

 

 

税理士になれば、独立して他の会社の税務申告業務や会計業務を代行することができるのも魅力です。会計事務所に勤務している税理士の多くは、将来は独立したいと思っています。その為の修行期間として、先輩につき経験を積んでいるのが現状です。

 

 

 

所長としてもそのことは百も承知していますから、独立する環境は整っていると考えていいでしょう。会計事務所によっては、独立に伴い既に担当していた会社をそのまま引き連れて独立させてくれることもあります。働いている人も独立志向が強く刺激的な職場であることもメリットでしょう。