税理士の将来性は?

税理士の将来性は?

税理士は会社がある限り、いつでも必要とされる仕事を担当しています。その一方で業界の高齢化が急速に進んでいます。現在は、会計事務所や税理士事務所はあまり気味と言われていますが、近い将来、多くの高齢の税理士が引退していくことが予想されます。よって、将来的には多くのチャンスがあり、将来性はとても高いといえます。

 

 

 

現在は、競争が激しく独立開業することがとても難しくなっていますが今しばらくの辛抱でしょう。また、税理士の資格があれば、一般の企業に勤務することも難しくありません。非常に高度な税務知識と会計知識を持っていることが証明されている人材なので、比較的高いポジションで、高収入を得ることも珍しくありません。

 

 

 

もしも十分な顧客が集まらず、独立してやっていけないようであれば一般の企業に勤務する気であれば何も問題は起こりません。企業がある限り会計や税務業務はなくならず、いつの時代も、どの企業も必要なのが税務申告です。その税務申告のスペシャリストであるわけですから、安定性が最も高い職業の1つです。

 

 

 

仕事によっては、将来はなくなってしまうような類の仕事もあります。その点、税理士の場合は、自分の持っているスキルが活かせなくなる心配が全くありません。高齢化で引退する人が多くなれば高い将来性もありますし、最悪のケースでも、高い税務知識と会計知識を持っていれば一般企業で働くことも難しくなく、まあまあの暮らしはできるはずです。