税理士かかる費用とは

税理士かかる費用とは

税理士にかかる費用のうち、月額顧問料に関しては、契約しないことも可能です。もちろん、ある程度の規模の中小企業で、頻繁に税務に関する問題がある場合は月額顧問契約をした方がいいです。税務署に相談することはできますが、税務署の立場では節税という観点でのアドバイスは期待できず、適切な税務処理は行なえたとしても、節税対策には全くならないと考えていいでしょう。

 

 

 

また、ある程度の会計知識や税務知識がある方ならば、税務職員と話し合うことは可能になりますが、会計知識や税務知識が欠けている場合は、税務署職員の言っている内容自体が理解できず、会計処理方法が分からないという自体に陥ってしまうかも知れません。このような場合、税理士に月額顧問料を払っていれば、たとえ処理方法が理解ができなくても税理士が代理で処理してくれるので、業務自体は処理できるというメリットがあります。

 

 

 

税務申告代行料に関しても、費用を抑えることは可能です。会計データだけを渡して、全ての税務申告処理を税理士に頼んでしまうと結構な費用になってしまうことが多いです。費用を抑えたい場合は、自分で税務申告処理に関しても行い、税理士にはチェックだけをお願いする形をとった方がいいです。この場合は、代理処理というよりもチェックだけの処理になりますから、費用が大幅に安くなるというメリットがあります。

 

 

 

全てを自分一人で行なうこともできます。しかし、間違いが多くなりやすいのであまりオススメできません。