税理士と会計士の違い

税理士と会計士の違い

税理士は主に中小企業の税務申告業をを代行します。税務申告には会計処理が必要となりますので、会計処理に関する相談にももちろんのりますが、それは税務申告をするためです。会計処理が一部不適切であったとしても、税法的には全く問題のない会計処理もあります。

 

 

 

そのような場合は、税理士が会社の間違いを指摘し、会計処理をかえさせることはあまりしません。税法に関わらない会計の適切さは中小企業にとってはそれほど重要ではないからです。また、税理士は税法に詳しいですが、会計監査についてはそれほど詳しくありません。会計監査は上場企業などの大企業に適用されるものですが、税理士の顧客は一般的には中小企業となりますので、業務経験も業務知識も不十分な場合が多いです。

 

 

 

一方、会計士は税務申告業務を含めて、会計処理が適切に行なわれているかどうかを監査します。一般的には上場企業を監査し、会計処理の適切性を承認するのが主な業務となります。税務申告代行処理をメインに行なうより、全ての伝票をチェックし適切な仕訳処理がされているかどうかをチェックしていきます。税務申告についても監査は行ないますが、それは最終チェックのみでメインの仕事ではあります。また、税務申告業務を代行するのは本業ではなく、税務申告業務が適切に行なわれているかをチェックするだけの場合がほとんどとなります。

 

 

 

ただし、会計士は簡単な登録作業だけで税理士となることもできるので、会計士だが中小企業の税務申告業務代行処理を中心に行なっている場合もあります。この場合は、業務内的には全く違いはありません。